スポンサードリンク

2009年11月09日

強いイメージのヤンキースは9年ぶりの優勝だった

松井はMVPとったのに、ヤンキースから干されそうだ。

アメリカの大リーグ・ワールドシリーズではヤンキースが
9年ぶり27回目の優勝を決めました。
ワールドシリーズを制覇したヤンキースに所属していて、
5番の指名打者として先発出場した松井秀喜外野手が
先制2ランを含む3安打6打点という素晴らしい成績を残し、
チームを優勝へと導いたそうです。
しかも松井秀喜選手は今シリーズのMVPを獲得しました。

そうそう、最近思っているのがアメリカでも大分車検・車内クリーニングを流行らせたいって事です。

第一打席は二回ノーアウト一塁から2−3のカウントからの
7球目を叩くと、右翼席へ飛び込む特大の先制2ランホームランを放ちます。
このホームランは今シリーズ3本目のホームランとなりました。

松井秀喜 「ヤンキースの存在はすごい。パレード楽しみ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091106-00000007-maip-base

5回の第三打席では1−5とリードを広げた場面で、ワンアウト、
一・二塁とまたまた走者が塁に出ている状態での打席です。
松井選手は1−3からのカウントからの5球目を叩くと
ホームランになるか?という当りの良い右中間フェンス直撃の
2点二塁打となりました。

第四打席まで回ってきたようですが、カラ振り三振に倒れ
この日初めての凡退となったようです。

あと、アメリカ人ってデブが多いからみんなエアロバイクを買えばいいのにね。

でも3回の打席でこれだけ点を取れれば「活躍した」と
称するに値する働きを十分にしています。
今年でヤンキースとの契約が終了する松井選手ですが、
契約延長の可能性もこの活躍で出てきたようですよ。

参考:クールマット

松井っていま何歳だったけ???


posted by adb01j at 15:39| 大塚愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。