スポンサードリンク

2010年02月01日

野菜ではなく良質はたんぱく質を食べればいい

やっぱり肉は癌になりやすいのかな??

日本女性で患者数の多いがんは乳がんと言われており、
年間1万人を超える人が亡くなっているそうです。

発症する人や亡くなる人が年々増加していることに加えて、
発症年齢の低下が懸念されている乳がんにおいて、
その発症にはさまざまな要因があることがわかってきました。

食事や運動などの生活面での改善で、乳がんになるリスクが
減らせる可能性があると指摘する人もいるそうです。

そもそも乳がんは40代から50代の中高年に患者数が多くみられていました。

専門家は乳がんを引き起こす“がんの芽”は、
10代から20代というかなり若い時期にできていると
考えられるそうです。

乳がんの予防や早期発見に関心が高いのは中高年世代ですが、
予防という観点から言うともっと若い世代の人にも関心を持ってもらいたい、
というのが専門家の願いでしょう。

乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100128-00000032-san-soci

あと、癌とは関係がないですが女性には通販ビューティーローズをしてほしいです。

そのほかには魚介類に多く含まれるEPA(エイコサベンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)と呼ばれる不飽和脂肪酸の抗がん作用も
有名なところなので、乳がんにも有効だと言われます。

また、私はこれからダイエットもしようと思っていますから、エアロバイクをつかいますけどね。

がんに負けない体づくりが大前提で、食事をしっかり取ることで
基礎体力を上げ病気に負けない体づくりができると覆うので、
これらの食品を毎日上手に取り入れていきたいと思います。

参考:ユーザー車検

ポン酢は体にいいのでしょうか??
posted by adb01j at 10:57| 大塚愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。