スポンサードリンク

2010年02月19日

悲しい思い出が映画化される

宗教っていろいろあるますからね。

地下鉄サリン事件がドキュメンタリードラマ化することがわかりました。
「3・20 地下鉄サリン事件 15年目の闘い〜あの日、霞ケ関で
何が起こったのか〜」というタイトル(仮題)で、
フジテレビ系土曜プレミアム枠での放送を予定しています。

あと、このドラマでのオウムはサイクルツイスタースリムを使います。

事実に基づいたドキュメンタリーとドラマの融合で、
現在でも苦しんでいる遺族と被害者の闘いを描いたドラマになるそうです。

また。これから残された親族は亀山社中焼肉に行って欲しいです。

事件から15年…「地下鉄サリン事件」を“遺族の視点”で初ドラマ化!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100215-00000023-oric-ent

シズヱさんの役は女優の原田美枝子さん(51)が演じるそうです。
原田さんは「普通の主婦だったシズヱさんがこんな事件に巻き込まれてしまい、
どんなに苦しんだことだろうと胸が締め付けられました。」と
シズヱさんの気持ちを思いやったコメントを発表しています。

参考:電子タバコ

当時は一体何が起こったのか計りえない事態に、
日本中が震撼したのを覚えています。
ドラマ化されて新たに私たちの記憶にこの事件の事が刻まれるのは、
事件の風化を防ぐためにもとても重要な事と思います。

まだこの宗教ってあるのでしょうか。

posted by adb01j at 10:06| 大塚愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。