スポンサードリンク

2007年03月20日

大塚愛の歌詞は、なぜベストなのか。。 デビュー前から2003年を振り返ってみる。

大塚愛ちゃんの画像も良いけど、なぜか聴かせる愛ちゃんの歌詞、その魅力を大塚愛ちゃんのデビュー前から2003年にかけて探っていこうと思います。

歌詞の魅力の根源は何なんだ?

やっぱり、4歳からならっているピアノが大きく愛ちゃんの人生を左右しているみたい(*´Д`*)

そして、その歌詞は、高校生時代に楽曲が作られていて、その時代をしっかりと生きてきた結果だとおもいました。

以下、調べた結果です。


●大塚愛のデビュー前から2003年を振り返る

デビュー前
もともとは学生時代の友人である西田真美とデュオ「HimawaRi」というグループで活動していた。ヒット曲「さくらんぼ」はその時代に既に完成しており、かつてはデュオによる歌唱がインターネット上で無償で公開されていたこともあった。4才からピアノレッスンを始めており、また、「さくらんぼ」だけではなく、リリースされた楽曲の多くをデビュー前(高校時代あたり)には作っている。
2002年、avexに送った自作のデモテープ(「大好きだよ。」「甘えんぼ」収録)が審査員の目にとまったことがデビューのきっかけとなり、翌2003年9月10日にシングル「桃ノ花ビラ」でデビュー。

2003年
5月16日 - 大阪から上京。
9月10日 - 『桃ノ花ビラ』でデビュー。
12月17日 - 同日発売の2ndシングル『さくらんぼ』がバラエティ番組「めちゃ²イケてるッ!」「COUNT DOWN TV」のタイアップに使われるとともに、オリコン週間チャート初登場20位だったが、その後最高位5位まで上昇。『さくらんぼ』は2004年7月19日、「着うた」史上初の100万ダウンロードを達成した楽曲となった。東芝製のau向けCDMA 1X WIN対応携帯電話「W31T」(生産終了)にはこの楽曲が「着うたフル」としてプリインストールされている。

「出典:フリー百科事典 ウィキペディア」


posted by adb01j at 00:00| 大塚愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。